WordPressの初期設定

はじめに

文書を投稿したい!メジャーなホームページ作成ツールであるWordPressを利用することにした。まずは、最低限に必要そうな設定を書き記す。

初期設定

テーマ

無料で評価の高いCocoonテーマを使うことにした。ソースコードの自動ハイライト表示も追加のインストールなくできるようだ。

Cocoonは2つのファイル(masterとchild)が必要です。予めCocoonサイトからダウンロードしておきます。最初はmasterをアップロードします。

次はchildです。インストールが完了したら有効化します。注意点としては、masterは有効化せずに、childの方のみ有効にするということです。

Cocoonの設定

投稿するソースコードは自動でハイライト表示にしたいので、その設定をしておきます。

「コード」タブを選択後、ハイライト表示にチェックをつけて設定を保存します。

こうしておくことで、投稿文書を作成する時に「コード」を選択すれば自動でハイライト表示されます。

WordPressの設定

細かい設定ができそうであるが、ひとまず3つ設定しておく。

ディスカッション機能は使わないため、チェックを外しておく

WordPressの使い方に慣れるまでは、検索エンジンに引っかからないようにしておく。

文書は分類を決めて更新していきたいので、URLは分類/記事IDとしておく。デフォルトは「未分類」に分類される。

追加設定

https化

最初からhttps化しておけばよかったと少し後悔。自サイトのプロバイダサービスによって出来ることが変わってくると思うが、VALUE-DOMAINでXREAを利用している場合について記載する。

無料SSLの有効化

SSL証明書は無料のLet’s encryptが利用できる。CSRは作らず、設定も一か所を選択するだけで利用できる。

新コントロールパネルからログインして、「ドメイン設定」「サイト設定の変更」をクリックする。そして「無料SSL」を選択して、変更をクリックする。

しばらくすると、証明書が自動で発行されhttpsでアクセスできるようになる。

httpsリダイレクトの設定

httpへのアクセスをすべてhttpsへリダイレクトする設定をいれる。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

上記の設定を.htaccessの先頭(BEGIN WordPressより前)に追記する。

サイトアドレスの変更

WordPressの一般設定から、アドレスをhttpからhttpsに変更する。

Cocoonの設定変更

cocoonにも少し設定が必要であった。こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました