おすすめ記事

必見
Google Cloud Platformの無料トライアルをはじめよう
Google Cloud Platformの無料トライアルをはじめよう
GCP(Google Cloud Platform)を利用して、Webサービスを立ち上げるまでをまとめた。Webサービスのイメージを格納するGCR(Google Container Registory)やコンテナ管理のKubernetes、負荷分散のIngress、証明書管理のCert Managerなどを取り扱っている。
必見
Kubernetesを試そう
Kubernetesを試そう
Microsoft Azureを利用して、Webサービスを立ち上げるまでをまとめた。イメージを格納するACR(Azure Container Registory)やコンテナ管理のKubernetesを取り扱っている。
おすすめ
Azure AD B2C アプリの登録
Azure AD B2C アプリの登録
Microsoft Azure上でソーシャルIDとも連携できるアカウント統合管理サービス、Azure Active Directory B2Cを使ってみる。これにより先に作成したwebアプリケーションに対して、利用者のサインインなどを行うことが出来る。
おすすめ
Azure無料アカウントのコストまとめ
Azure無料アカウントのコストまとめ
約3週間、AzureのWebアプリやLogicアプリ、Kubernetesなどを試してみた。そのコストについてまとめた。

新着記事

PrimeFacesの覚書
環境 WildFly 19.1.0 FinalPrimeFaces 7.0.3 DataExporter dataTableで表示されたデータをexcel形式にしてダウンロードできる機能。利用するにはpoiライブラリを必...
Google Cloud Platformの無料トライアルをはじめよう
はじめに 前回まではAzureを利用してKubernetesやLogicアプリなどを試してきた。今度はGoogle Cloud Platformの無料トライアルにて同じようにKubernetesを使ったりpub/subメッセージした...
eclipseで業務プロセス図を書こう
はじめに 業務プロセス管理ツールにActivitiというオープンソースのソフトがある。これを使ってワークフローをまわせるようにしたい。まずは業務プロセス図をeclipseで作れるように環境を作る。 環境構築 インストール...
JSFの覚書
ページの国際化(多言語対応) まず各言語のプロパティファイルを適当なリソースフォルダに作成します。以下は、info.kimkaz.commonにMessages.properties(英語)とMessages_ja.properti...
Azure無料アカウントのコストまとめ
Azureの無料アカウントを作成して、約3週間、WebアプリやLogicアプリ、Kubernetesなどを試してみた。まだ無料枠内ではあるがポータルからコスト管理・分析の情報をみてみると、思いのほか消費しているので一旦利用を停止して、ここ...
RESTfulサービスの開発
はじめに 前回までにKubernetes上でWildFlyを動かし簡単なRESTサービスを動かしてみた。今回はRESTの理解を深めるために、情報の登録と削除(取り出し)を行うRESTサービスを作成してみる。 コインロッカーのよ...
OAuthについて
はじめに 以前、Azure AD B2Cを使ってWebアプリケーションを作成してみた。利用者がサインインする認可の仕組みはOAuth/OpenID Connectを使ったものであったが、そのOAuthについて少し理解を深めてみようと...
WildFlyのMavenプロジェクトを作ろう
はじめに 前回WildFlyをKubernetes上で動かした。そこで動かした簡単なRESTサービスのwarファイルを作るまでを書き留めておく。 プログラミング プロジェクトファイルの作成 まずはeclip...
KubernetesでWildFlyを動かそう
はじめに 前回Kubernetes上にMySQLを立て、またeclipseでWildFlyの開発環境を作成した。今回はこれらを用いKubernetes上でWildFlyサービスを立ててみようと思う。なおWildFlyだけでもSSL化...
HelmでMySQLをインストール
はじめに JPA/JTAを試したく、さくっとkubernetes上にmysqlを立てられないか?と調べたところ、やっぱりhelmが楽そうなので使ってみる。作成する環境は以下である。 環境構築 パッケージのインスト...
タイトルとURLをコピーしました